美ら海触手水族姦 神鳴る冬 電子コミック 身体を這い回る触手たちはスミレのナカ・・・モバイルで楽しめる

美ら海触手水族姦

神鳴る冬 電子コミック
18歳未満利用禁止
PC&ケータイ&スマホ・iPhone・Androidで買えるよ
入口はこちら


美ら海触手水族姦
身体を這い回る触手たちはスミレのナカにまでも侵入してきて…
神鳴る冬漫画






いつも泣いたり甘えたりして鳩尾を狙われるのを怖がっていた里奈。ある日bodyzoneにやって来てこう言った。「もう泣いたりしない!」「手加減しなくていい!」「今までの誰よりも一番強く殴って」強烈なパンチを続けても悲鳴はなかった。微かにこぼれる吐息のような呻きと甘く悶えるような仕草。何があったのだろうか…まるで別人のようだった。里奈のお腹の上に薄いバスタオルを16枚に折って乗せた。満身の力で打ち下す。息を呑み込んだような妖しい呻きで苦しさを噛みしめているようだった。三発ともめいっぱいの力で…。バスタオルを8枚に折り直し、パンチの力は変えないで打ち込む。苦しんでいるのは間違いないがいつもの里奈じゃない。里奈ならギャーギャーわめくか、もしくは失神するはずだ。そして4枚に折り直す。そして2枚…そして1枚だけに…。これは普通の夏服の着衣と変わらない。16枚に折って乗せた時と同じ力で殴る。連続で三発ずつ15発殴って来たわけだが、ここでバスタオルゼロ枚(生腹)で殴っていいものか?一瞬判断に迷ったが…体をうねらせている里奈を見てそのままの力で打ち下した。